大阪市中央区 淀屋橋にある【STUDIO de VERTS】(ストゥーディオ ドゥ ベール) 
美容推拿・薬膳をエステティシャン、またその他の方に学んで頂けるスクールを開講しています。様々なセミナーコースをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい 

薬膳

薬膳とは
中医学の理論に基づいて展開してきた薬膳は、病気の治療を目的とする『食療』と未病(病気になる前の身体のバランスの崩れ)を治し、病気を予防する『食養』に区分され食材の効能を知り、旬の素材そのものの味わいを大切にしながら、体質や目的に合わせた日々の食事を整えると自然治癒力を高めることができるのです。
そもそも薬膳ってなに?
なんとなくなく食べていた食事。
ついつい忘れがちな食事の重要性を知ることで、
食べたものから作られる健康は選び方ひとつ!

『人は食べたものから、カラダは作られています』周知のことですが
食べたものはカラダに、栄養を与え活力の源になりますが、
摂り方によっては、人を病気にもさせてしまいます。
【食】の知恵を知ること…それが薬膳です。

薬膳を日々の生活に取り入れることが、健康でいられる第一歩。
薬膳生活を続られるコツと実践方法を教えます。
薬膳茶
中国では古来、お茶は薬として飲まれ今も食養生の一部として考えられています。
【茶養生】の基本は薬膳の理論を基に食養生のひとつ。
病気の予防や美容、そして老化防止などの目的や体調に合わせて飲む健康茶です。

美容推拿

美容推拿
【美容と健康は血で作られる】という考えの基
リンパを流し、血の滞りを改善する美容推拿の施術は、中医学に考えである
陰陽五行や気血水の教えを土台にしています。
【滞りの原因は首にある】という考えの基
上海にある上海中医薬大学の本校の系列病院にて頸椎の臨床の勉強を重ねる中で、
エステの中で取り入れる手技を取得したのが美容推拿です。
推拿(すいな)の歴史
漢方薬・鍼灸と並ぶ中国三大療法のひとつ。
3000年の歴史を持つ整体術で、人間が本来備えている自然治癒力を高めると共に、生体バランスを整える療法。
中医学の理論に基づいた奥深い手技療法
「滾法」(コンホウ)をはじめとする多くの手法を用いて
経絡・経穴(ツボ)を刺激することによって自然治癒力を高めます。
・肩こり ・首のこり ・背中の張り ・腰痛 ・座骨神経痛 ・足の痺れ ・脚のムクミ ・股関節調整 ・骨盤矯正 ・代謝促進 ・血流促進 ・片頭痛
人間の生命を構成している要素=気血水
サンプル
※健康なときは3つの要素のバランスがよく機能していて、体内でうまく循環します。
『気』は生命エネルギー

全身をくまなく巡って体のさまざまな機能を守り活動させるエネルギー。
元気、勇気、根気、やる気の生きる力のもとになる
『血』は血液

全身に酸素と栄養を隅々まで運ぶ。
思考の源とされ精神活動に関わり、安定や充実などの役割もある。
不足するとイライラしたりボーっとする。
『水』は津液(しんえき)

リンパ液や唾液、汗、尿、涙など血液以外の体液
血液以外の体液。肌・関節・筋肉・粘膜など全身に潤いを与える
便通をよくして体温調節もする。